「忘れていたの」


忘れていたの

それを

それに

それも


水平線

朝が始まる前の

浜辺のような


霧に包まれたとき

ささやくような

あなたの声を


back

inserted by FC2 system